車が開かないと思ったら電子キーの電池切れだった

最近は従来のメカニカルキーを使って、自動車のドアの開閉や、エンジンの始動を行うことはほとんどなくなってきました。スマートエントリー、インテリジェントキーシステム、スマートキーシステムなど、自動車メーカーによってその呼び名は異なりますが、要するにカギを取り出さずに自動車の乗り降りやエンジンの始動が行えるシステムのことです。
実際にメカニカルキーを使用しないことから、キーレスエントリーという呼ばれたシステムが自動車業界に革命を起こしました。施錠解錠をリモコンボタンによって行うこのシステムの登場によって、その場で鍵穴にカギを差しこむということをしなくて済むようになったのです。当初は高級車のみに搭載された便利アイテムは、瞬く間に大衆車へと広がっていきました。

このキーレスエントリーがさらなる進化を遂げたのが、スマートエントリーシステムです。従来のシステムは、ボタン操作のためにカギを探さなければならなかったのに対し、スマートエントリーはカギ携帯しているだけで、実際に操作しなくともドアノブに触れるだけで施錠と解錠が行えます。エンジンの始動もカギを携帯していれば、スイッチを押すだけで可能です。

非常に便利なシステムですが、動作を電気信号に依存しているために、内蔵電池が切れてしまうと一切使えなくなります。もちろんエントリーキーには従来のメカニカルキーも内蔵されていますし、始動ボタンに近付ければエンジンもかかるので、実際には問題ないのですが、慣れてしまった人はちょっとしたパニックを起こすようです。
スマートキーの電池交換は非常に簡単で誰でも行えます。ちょっとでも反応が鈍いと感じたなら、500円足らずのボタン電池なので交換してしまいましょう。また、スマートキーを携帯電話など磁気の発生させるものに近付けると電池の消耗が早くなるとも言われます。できるだけそうした電子機器と一緒にするのは避ける方が賢明です。