指紋認証しない私の指

カギはわたしたちの生活において無くてはならないツールですが、決して万能ではありません。カギにはその特性上いくつかの問題点もあるのです。

まずカギはたいていの場合、頑丈な金属製ですが、利用頻度によっては摩耗したり金属疲労を起こします。これが重度のストレスとして蓄積されると、ある日突然破損する原因となるのです。常に予備のスペアキーを用意しているという人はそうはいないでしょうから、カギの破損は由々しき事態を招きます。
そのスペアキーもまた、別の問題が内在しています。不正に作成されたスペアキーがあれば他人の住居に簡単に侵入できるわけですから、安易にスペアキーを増やすことも、それらが作り出せる状態にあることも、セキュリティー上決して良いこととはいえないのです。
紛失、破損、不正な複製と、カギ自体はセキュリティー上も利便性も完璧なツールというわけではなさそうです。

こうした「従来のカギが持つ諸問題」を解決する手段として近年注目されているのが、指紋や網膜パターンを利用した生体認証システムです。特に広く普及しており、実際に利用が始まっている指紋認証システムには、少なくとも従来のパスワードにある忘却や情報漏洩の危険性がかなり低く、カギのように紛失や破損に対してのセキュリティー性能も高いといえるでしょう。なにより、持ち歩くという概念そのものがなくなるということは、かなりの利便性を発揮していることは間違いありません。

ところがこの未来のセキュリティーシステムともいえる指紋認証にも、まだまだ問題点が多く残っています。たとえば照合精度を上げれば上げるほど、本人の指紋も認証しにくくなりますし、下げれば他人の指紋すら本人のものと間違う可能性が高まります。怪我や汚れにも対応が難しく、自分の指紋を、原因不明のままいつまでも認証してもらえないというのはよくあるトラブルです。こちらのカギも決して万能とはいえないようです。