玄関の鍵より立派な補助錠

最近では自宅の玄関のカギはワンドアツーロックが主流だそうです。なるほど、1個より2個カギが付いていたほうが侵入に余計な時間がかかる分、空き巣狙いだって敬遠するというのがその理由だそうです。空き巣は必ず玄関を狙うとは限らないわけですが。
わたしの田舎の実家など、自分が子どものころは住人が不在だろうとそうでなかろうと玄関に施錠などしませんでした。つまりそれだけ治安も良かったということなのでしょうけれど、時代は流れ、自分も物ごころがつくころには施錠するのが当たり前になっていました。
そして今、実家の両親は玄関に補助錠を取り付けようとしています。まったく時代は変わったものだと嘆いても仕方がないので、わたしも里帰りのときに相談に乗ることにしました。それというのもわたし自身がセキュリティー会社に勤めており、住宅の防犯についてそれなりの知識も持っていたからです。

久しぶりに実家に戻ったわたしは、改めて自分の生家を「仕事目線」で眺めてみました。玄関前には自家用車が駐車しており、屋根だけの半車庫があります。ただし外出中は車両もないので道路からもよく見え、侵入盗は仕事がしにくいでしょう。庭のあるベランダ側は到達ルートが2つしかなく、それぞれに警告灯などの設置が容易ですし、費用対効果もありそうです。つまり周辺のアラートセキュリティーを強化しておけば、かなりの防犯性能向上が期待できるということなのです。

短時間で「仕事」を終わらせたい空き巣にとって、この玄関に補助錠が付いていたら確かに効果は高いように思えます。さっそく玄関の形状に合った補助錠を調べようとして、初めて自宅の玄関ドアが外国製の特注品だと気が付きました。もちろん国内製品の補助錠が使えないわけではありませんが、せっかくなのでと取り寄せてみると、これが補助錠かという意匠の派手さ。もともと付いている玄関のカギより補助錠のほうが立派になってしまいした。