鍵屋が教える鍵の交換方法

鍵の交換って、すごく専門的で難しいことだと思っていませんか?鍵屋としてこういうことをご紹介してしまうと、正直仕事が減ることに繋がりかねないのですが、実は自分でも簡単にできてしまうことなのです。昨今よく耳にする「DIY」という単語。Do It Yourselfのことで、要するに日曜大工だと思ってください。棚を作ったり犬小屋を作ったりが主ですが、鍵交換もこのDIYの要領でできるのです。

まず必要なものは、交換する新しいシリンダー、そしてドライバーとラジオペンチです。鍵の種類によるので全てに適用とは言えませんが、一般的なシリンダー錠であればこれで対応が可能です。全てホームセンターなどで揃うので、入手も用意ですね。防犯面を考えると、シリンダーはせめて鍵屋で購入してほしいとは思いますが。

さて、肝心の交換ですが、まず解錠してドアを開けてください。そうするとドアの側面に鍵の本体が見えますので、そこを留めているビスをドライバーで外します。ビスを外すと鍵そのものにアクセスできるようになり、シリンダーを留めているピンが見えると思います。このピンをラジオペンチで引き抜いてください。シリンダーだけの交換であれば外側のピンのみを。サムターンも交換するのでしたら内側もですね。余程でない限りサムターンを交換するといったことはないかと思いますので、基本的には外側のピンを抜けばOKです。これでシリンダーが外れますので、新しいシリンダーを正しく装着します。ここで言う正しくというのは、ドアの鍵本体とシリンダーの溝と出っ張りを正確に合わせることを言います。あとは先ほどの反対の要領でピンを差し込み、ビスでフロント部分を装着すれば完了です。このビスを留める前に、一応鍵の動作を確かめておいてください。うまく動作していなかった際、またビス外しからでは面倒ですし、いじりすぎることでビスのヤマがナメてしまう恐れもありますのでね。

実は、たったこれだけで鍵の交換は完了なのです。どうですか?すごく簡単で、自分でもできてしまいそうではないでしょうか。スムーズに行けば作業時間もそれほどかからず、棚を作るよりも簡単なDIYとなります。自分でできれば費用も安く抑えられ、業者に頼んだ時の工賃程度の金額で、鍵の交換ができてしまいます。自宅の鍵がピッキングなどに弱く防犯面で不安が残るのであれば、安く簡単に防犯性能をアップできる非常に効果的な作業となります。ただ、鍵はやはり防犯の要であり、一番重要な部分です。空き巣は鍵のピッキングよりも窓を割ったりするほうが常ですが、鍵が閉まっているということは精神衛生上も安心感があり、泥棒とまではいかないものの見ず知らずの人に勝手に屋内に侵入される危険性がなくなるという点で、一番重要と言い切れると思うのです。それを自分で交換できるのは確かに安く簡単でいいのですが、これはあくまで交換の方法であり、異常や問題点を見つけることはできません。自分では完璧にできたつもりでも実は落とし穴があったりということも否定できませんので、余程自信がない限りは、やはり専門家に依頼していただくのが一番安心です。まぁ、自分で交換した後に何かしらの理由をつけて鍵の点検を業者に依頼するということで、問題点が無いか確認してもらうこともできますがね。

もし今の鍵に不安があったり、それこそ鍵が壊れてしまったという場合には、この方法で交換する手もありますよということで、知識のひとつとして吸収していただければと思います。